悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常なら人の身体をがんから護る役割を持つ物質を作るための金型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって起こってしまう病気だということが分かっています。

高血圧(hypertension)が長く続くと、全身の血管に重い負荷がかかった挙句、体中のいろんな血管にトラブルがもたらされて、合併症になってしまう確率が高まると言われています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている有機硫黄化合物について、肝臓が持つ解毒酵素のスムーズな製造をサポートしているかもしれないという新たな可能性がわかりました。

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横になっていても消費してしまうエネルギー量のことであり、半分以上を全身の筋肉・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費しているとのことです。

花粉症の病状(水っぱな、鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、そのせいで慢性の睡眠不足になり、翌日起きてからの仕事内容に悪い影響を及ぼすこともあるのです。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手の平や足の裏または指の隙間などにブツブツの水疱ができる皮膚病で、普通は汗疹(あせも)と呼び、足の裏に出てくると足水虫と思い込まれることも多くあります。

ピリドキシンは、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要な回路へいれるため、輪をかけてクラッキングさせるのを助長するという働きもあると言われています。

昨今、若い世代で感染症のひとつである結核に立ち向かう免疫(抵抗力)を持たない人達が増加したことや、診断が遅れることによる集団感染や院内感染の発生頻度が高いようです。