「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、人の体の脂肪の溜まっている%であり、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」というシンプルな計算式で表すことができます。

脳卒中のクモ膜下出血はそのほとんどが「脳動脈りゅう」という血管にできた不要な瘤(コブ)が破れる事で引き起こされてしまう恐ろしい病気だと多くの人が認識しています。

最大の臓器である肝臓に中性脂質やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、狭心症を筆頭に様々な疾病の素因となる可能性が高いと考えられています。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなった後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で負担が少ない(クスリ代の高くない)後発医薬品のことを意味します。

現在、比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗する免疫力を保有しない人達の割合が高くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが素因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が多くなっているようです。

薬や酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と言い、肝臓が果たしている大事な活動のひとつだと言えるでしょう。
トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ効果がおそらく一番認識されていると思いますが、更に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑えることが確認されています。

季節病ともいわれる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの木や草の花粉が素因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を呈する病気だといえます。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する被害者の後追い調査のデータからは、成人に比べて体の小さい子どものほうが漏れてしまった放射能の害をよく受けることがわかっているのです。